感染予防対策|入れ歯・噛み合わせ専門の富山県黒部の岩井歯科クリニック。

岩井歯科クリニック
岩井歯科クリニック
感染予防対策
ごあいさつ
標準予防策に基づいた感染対策の重要性

現在、全ての医療施設・社会福祉施設において、標準予防策(スタンダードプレコーション)の遵守が、最も重要な感染対策となっています。

*標準予防策とは、「あらゆる人の血液、すべての体液、汗以外の分泌物、排泄物、損傷のある皮膚、および粘膜には感染性があると考えて取り扱う」という考え方を基盤に、すべての人に実施する感染予防策です。

この標準予防策に基づき、グローブなどの「使い捨て」をはじめ、医療器具類の【患者さんごとの交換・滅菌】は、当院においては当たり前のことです。
当院では日々使用する医療器材のメンテナンス(洗浄・消毒・滅菌・保管)を正しく行っております。

【見えないところ】にこそ安心を・・・

医療器具に付いた細菌やウィルスだけでなく、歯科治療中に使用する「水」が感染源になる可能性があることが報告されています。診療ユニット(チェア)の給水系における細菌汚染の原因は、ユニットチューブ内面に生じたバイオフィルム(菌膜:ヌメリ)が原因とされています。

細菌の繁殖とバイオフィルムの形成を抑えるには、継続的な過酸化水素水の利用が効果的とされています。当院のトリートメントユニットには、タービン水やうがい水に「低濃度の過酸化水素水」が用いられ、衛生的で安全な治療ができるよう管理されています。

常時水消毒システム

【常時水消毒システム】

◆常に、給水チューブ内を清潔に保つ水消毒の機能(常時水消毒機能)があります。

◆トリートメントユニットの中を流れる水(低濃度の過酸化水素水)は、行き止まりがないよう設計されており、常に流動的です。溜まり水になって不衛生になることを防止しています。

集中水消毒システム

【集中水消毒システム】

◆休診日前には、高濃度の過酸化水素水で漬け置き処理し、バクテリアの繁殖を防ぐ集中水消毒システムも合わせて装備されています。

◆専用の機器を用いて、水の回路に接続する機器を全て消毒します。

いつもきれいな水で治療できるよう、診療時と休診時共に、二重の対策がとられています。
当院では診療中に使用する「エアー」においても、除菌システムを完備しております。
【半日にお一人】の診療です。

当院は、「半日にお一人のみ」ご予約を承る診療体制となっております。診療室にはご予約の患者さんだけです。そのため、他の患者さんとの交叉感染を起こす心配はありません。
衛生管理を徹底した万全の環境でお迎えしておりますので、安心して受診してください。

詳しくはこちら