富山の入れ歯・噛み合わせブログ | 入れ歯・噛み合わせ専門の富山県黒部の岩井歯科クリニック。

岩井歯科クリニック
岩井歯科クリニック
院長インタビュー
ブログ
2017年08月14日 [入れ歯 富山]

何度調整してもらっても入れ歯が合わなくて困っていたところ

imges

何度調整してもらっても入れ歯が合わなくて困っていたところ


60歳になるまではほとんど病気もしたことがなく周りにも羨ましがられていて、歯医者さんには歯が痛くなればたまに通う程度で、まさか自分が入れ歯になるとは思ってもいませんでした。
岩井歯科クリニックを訪れる前までは近所の歯医者さんを転々としていて、確かに歯周病になっているようなことは言われた記憶はありましたが、虫歯の治療をすれば痛みもなくなるし、特に歯周病について説明も受けたこともなければ治療を勧められたこともなかったので、たいしたことではないと思っていました。
今思えばもっと歯を大切にして定期検診を受けていれば良かったですが、当時は恥ずかしながら医療に対して全く知識が乏しく、ろくに歯の磨き方も知らないまま生きてきて、今回入れ歯にすることを宣告された時もピンときませんでした。
先生の言われるまま健康保険が適用になる範囲で治療を行ってもらい、いざ入れ歯をしてみると、想像をはるかに超えた苦しみが待っていました。
お手入れをしなければいけないことは仕方ないとして、全てにおいて感覚がしっくりこなくて、何度調整してもらっても入れ歯が合わなくて嫌になっていましたが、それを救ってくれたのが岩井先生でした。

imges

妻が富山で入れ歯専門歯科医院を探してくれて


両親共入れ歯であったことから前から嫌な予感がしていましたが、ついに私も入れ歯をすることになってしまい、そのことをかかりつけの歯科医院で宣告された時は人生が終わったような気がしました。
何とか入れ歯は避けたいと思い、インプラントにできないか尋ねると、そこではインプラント治療は行っていなくて、おそらくインプラントには骨が減ってきているからできないだろうと言われて、近所でインプラント専門の歯科医院で診てもらいましたが、やはり入れ歯にするしかないということでした。
仕方なく奥歯を2本部分入れ歯にしてもらい、お手入れは何とかなりましたが、聞いていた以上に食べ物がしっかり噛むことができなくて、入れ歯で噛むのが負担になり反対側ばかり使っていると、しばらくすると今度は反対側も入れ歯にしなければいけなくなました。
両方を入れ歯にすると噛み合わせも悪くなり、食べ物の味も感じられないほどになってしまい体重も落ちて周りから重病では?と思われるほどでした。
そんな私を心配した妻が、富山で入れ歯専門歯科医院を探してくれて入れ歯を作り直してもらうと、嘘のように噛み合わせも良くなり食事も美味しくできるようになりました!


PageTop

岩井歯科クリニック