岩井歯科クリニック
  • 当院の特徴
  • 自由診察
  • 治療費
  • 治療の流れ
  • アクセス
  • 電話
「歯科・咬み合わせ」ドック健診の流れ
「歯科・咬み合わせ」ドック健診は、こんな方におすすめです。
コース名 所要時間 内容
ノーマル 半日コース 「歯科ドック」基礎健診コース

詳細
ゴールド 1日コース 「歯科ドック」基礎健診に、「咬み合わせ」健診を加えたコース

詳細
プレミアム 2日コース 当院「ドック健診」の中で、「咬み合わせ」について最も詳細に検査するコース(お口の現状把握だけでなく、今後の対策までお示しするコース)

詳細
歯科ドック健診(ノーマルコース)
内容 1.問診

2.口腔内検査
・虫歯の有無、歯周組織、舌、粘膜等の状態診査
・口の中の写真撮影
・重篤な全身疾患の口腔内症状による早期発見

3.歯周病検査
・歯周ポケット測定・歯の動揺度・歯茎の状態を確認

4.CT撮影、及び必要に応じて各種レントゲン撮影
・顎関節の診断・骨、歯周病の診断・深在性の虫歯診断・親知らずなどの抜歯前診断・難治性の根の診断・根尖病巣の大きさの診断・腫瘍などの早期発見
健診の流れ 1.事前記入による問診票の確認

2.口腔内診査

3.CT撮影、及び必要に応じて各種レントゲン撮影

4.歯周病検査

5.説明

(注)ノーマルコースは、「咬み合わせ」健診を含まず。
CT撮影による、顎関節に係る機能検査のみ。
所要時間 検査は約2時間
診断結果の説明は当日
費用(税別) 4万円
「歯科・咬み合わせ」ドック健診(ゴールドコース)
内容 1.問診

2.口腔内検査
・虫歯の有無、歯周組織、舌、粘膜等の状態診査
・口の中の写真撮影
・重篤な全身疾患の口腔内症状による早期発見

3.歯周病検査
・歯周ポケット測定・歯の動揺度・歯茎の状態を確認

4.CT撮影
・顎関節の診断・骨、歯周病の診断・深在性の虫歯診断・親知らずなどの抜歯前診断・難治性の根の診断・根尖病巣の大きさの診断・腫瘍などの早期発見
*必要により各種レントゲン撮影

5.全身姿勢の写真検査・体重バランス計測

6.「咬み合わせ」検査
・触診等で顎関節の動きの検査・開口量測定
・歯型の模型作製、分析
・歯接触分析装置検査
健診の流れ 1.事前記入による問診票の確認

2.口腔内診査

3.CT撮影

4.歯周病検査

5.全身姿勢の写真検査・体重バランス計側

6.「咬み合わせ」検査

7.歯型の模型作製・分析

8.説明
所要時間 検査は約3.5時間
診断結果の説明は当日
費用(税別) 7万円
「歯科・咬み合わせ」ドック健診(プレミアムコース)
「歯科・咬み合わせ」ドック健診の中で、「咬み合わせ」において一番詳細な検査を行います。
お口の現状を把握した上で、検査の結果だけでなく、今後の対策までお示しするコースです。
*治療を強制するものではありません。
内容 1.問診

2.口腔内検査
・虫歯の有無、歯周組織、舌、粘膜等の状態診査
・口の中の写真撮影
・重篤な全身疾患の口腔内症状による早期発見

3.歯周病検査
・歯周ポケット測定・歯の動揺度・歯茎の状態を確認

4.CT撮影
・顎関節の診断・骨、歯周病の診断・深在性の虫歯診断・親知らずなどの抜歯前診断・難治性の根の診断・根尖病巣の大きさの診断・腫瘍などの早期発見
*必要により各種レントゲン撮影

5.全身姿勢の写真検査・体重バランス計測

6.精密な「咬み合わせ」検査
・触診等で顎関節の動きの検査・開口量測定
・歯型の模型作製、分析
・歯接触分析装置検査
・精密な顎の動きの型取り

7.精密咬合診断
(診断用WAXUP作業を含む)
健診の流れ 1.事前記入による問診票の確認

2.口腔内診査

3.CT撮影

4.歯周病検査

5.全身姿勢の写真検査・体重バランス計側

6.精密な「咬み合わせ」検査

========================
◆【作業日数必要】
========================
7.診断用WAXUP作業

8.精密咬合診断

9.後日説明
所要時間 検査は検査は1日(精密咬合診断に日数が必要)

診断結果の説明は後日
費用(税別) 15万円
主な検査の内容
CT撮影
◆CTとは?……コンピュータによるデータ処理と画像再構成で、断層写真を得る装置です。
最新の歯科用CT診断装置導入により、顎の関節に至るまで広範囲に撮影が可能になり、精度の高い診断ができるようになりました。
従来から診断できた顎の骨の厚みだけでなく、顎の関節の厚み・高さ・変形度・角度など色々細かな形状も、三次元画像でしっかり把握できます。
CT撮影
歯の根っこ部分にある「のう胞」が、どの程度の大きさで深部にあるのか、はっきり分かります。
CT撮影
従来のレントゲン撮影:2次元的(平面的)な写真では分かりにくい所をCTで確認できるのです。
CT撮影
受診者の皆様に立体的な画像をご覧頂くことで、「今まで見えなかったものが見える」・「分かりにくかったことが解る」ようになります。
◆歯科用CTと医科用CTの違いとは?
医科用は横たわって撮影するのに対し、歯科用は座って撮影します。撮影時間が短いため(10秒ほど)被爆線量も医科の1/8〜1/50と低水準であるのも大きな特長です。

ファンビーム方式(医科用CT)

ファンビーム方式(医科用CT)

らせん状にカメラが移動して撮影。同じ撮影場所近くに何度もビームを照射します。

コーンビーム方式(歯科用CT)

コーンビーム方式(歯科用CT)

コーンビーム方式(上図参照)のスキャンを行い、短時間のX線照射により歪みの少ない詳細な画像を断面で得られます。
歯接触分析装置
歯接触分析装置
歯接触分析装置
「咬み合わせ」の状態が、一目で分かります。姿勢や体重バランス計測の結果・CTによる3次元画像と合わせ、お口の現状を総合的にご説明します。
口腔内写真撮影
口腔内写真撮影
口腔内写真撮影
模型分析
模型分析
模型分析
模型分析
精密な「咬み合わせ」検査
精密な「咬み合わせ」検査
診断用WAXUP作業
身体に合った、理想的な「咬み合わせ」の状態を再現します。
診断用WAXUP作業
お申込みはこちら

PageTop

富山県黒部市新牧野168
<岩井歯科クリニック>