富山の入れ歯・噛み合わせブログ | 入れ歯・噛み合わせ専門の富山県黒部の岩井歯科クリニック。

岩井歯科クリニック
岩井歯科クリニック
院長インタビュー
ブログ
2019年02月21日 [入れ歯 富山]

「どうしよう・・・」のワケ



「梅干しばーちゃんが直ったのはいいけど、最初どうしようかと思った(笑)」



今まで「咬み合わせの低い」合わない入れ歯を入れていて、
いつも唇をギュッと結んでいる癖がつき、
口元がしわくちゃなのを気にされていた患者さんからの言葉です。


何が「どうしよう・・・」だったのか?



===================================



それは・・・

顎の関節が動きやすい適正値の「咬み合わせ」の高さと、
今までご使用だった「咬み合わせが低すぎる」入れ歯とでは、
装着した感触が違ったからです。


きっと高下駄を履いたような、そんな気分になられたのかもしれません・・・。



お口の中は非常に繊細な器官ですので、僅かな違いでも感じ取ることができます。


ですから、
「咬み合わせ」の高さをほんの少し変えただけでも、
患者さんにとっては「慣れていけるのか、どうしよう…」と
不安を覚えられたのだと思います。


===================================



新しい入れ歯を作るとき、様々な検査を経て精密な入れ歯を作っていきますが、
それでも 実際に患者さんのお口の中に装着して、
食べてもらいながらの実践的な調整が絶対に必要です。


「どうしよう・・・」とご不安になられる期間を短くする、
新しい入れ歯のお引き渡し時に、連日ご来院いただくのも、そのためです。



ですから、「すぐに新しい入れ歯を作ってもらいたい!」というご要望があったとしても、
今までの入れ歯と「咬み合わせ」の高さにあまりにも違いがあった場合、
「仮の入れ歯」を先に作って、慣らし運転をしなければならない時もあります。



「身体に合った入れ歯」となるには、階段を1歩ずつ上がっていく必要があるのです。



===================================



「梅干しばーちゃんが直ったはいいけど、最初どうしようかと思った」と仰っていた患者さん、
ご安心ください!
今ではもちろん「まんまる笑顔♡」、とってもアクティブに過ごされていますよ〜(*^^)v


さざんか

【名残花】〜季節が早く進み、例年より早く「山茶花」の花も終わりそうです。



関連記事


  • Facebook

PageTop

岩井歯科クリニック