富山の入れ歯・噛み合わせブログ | 入れ歯・噛み合わせ専門の富山県黒部の岩井歯科クリニック。

岩井歯科クリニック
岩井歯科クリニック
院長インタビュー
ブログ
2018年08月28日 [入れ歯 富山]

これをするのに、難しい人って?


こんにちは。岩井歯科クリニックです。
まだまだ暑いですが、秋の気配がほんのりと・・・確実に季節は移ろっていますね。

======================================


さて、こんなご質問をいただきました。

【新しく入れ歯を作るのが難しい人って、どんな人ですか?】


当院にご来院になられる方は、入れ歯でお困りになってこられる方がほとんどです。
年齢も様々、症状も色々、それぞれの方に難しさがあります。


・顎の骨が痩せている方や姿勢が崩れている方、
・噛みしめ・食いしばりの強い方、
・顎の動きが悪かったり、口が開きにくい方だったりと…
本当に色々な問題が複合的に絡んでいるので、一概にどれがどうとは言いにくいのが実情です。



それでも、「何か特徴的なことはないですか?」と聞かれたなら・・・


まず「歯ぐきの痛みの強い方」を挙げるでしょうか・・・。


===============================


『口の中の歯ぐきの、どこを触っても痛い!』方は、まずその痛みを取り除くことが優先されます。


「早く新しく作って、痛みから解放してあげれば良いのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。


しかし、この歯ぐきの痛みを解消しないまま先に進んでも、ちっともイイことがないのです。


だって、人は痛いところをかばったり、そこを避けようとしたりしませんか?


なぜなら、痛みは脳で感じるものだからです。

==============================

痛みは、生体を守るための防御的な反応でありますが、
組織的な損傷がなくても、【痛みの記憶】として脳に刻み込まれる場合があります。
(例えば、事故に遭った方が治癒した後でも、その映像を見ただけで身体が痛くなる、等)


痛みの不快感や恐怖を記憶した状態では、入れ歯の様々な検査にも狂いが生じてしまいます。


また、痛みは心理状態にも左右され、「怒りや不安」は痛みを増長し、「安心」は軽減すると言われています。



ですから、
「歯ぐきの痛みを取り除く」ことは、歯科医療を進める上での第一歩なのです。



すぐに新しい入れ歯を作製出来ない、難しい状態の方は、治療も長丁場になります。


「医療者だけでなく、患者さんとも一緒に作り上げていく」入れ歯は、
信頼関係があってこそ出来るものなのです。


秋の気配



関連記事


  • Facebook
  • PageTop

    岩井歯科クリニック